ファイルサーバー(たぶん)かんたんな移行手順。Windows Server2003から2012へ。

Windows Server 2003(以下、WS2003)のサポートが2015年7月15日に終了を向かえます。
そのため、移行案件が多くなっています。

Microsoftから公開されている「Windows Server 移行ツール」を使用して、windows Server 2012(以下、WS2012)への移行手順をまとめました。

記載されている内容は、自身の責任において行ってください。この記事により不具合が生じても一切責任は負いません。

Windows Server 移⾏ツールの準備

役割、機能追加(WS2012)

サーバーマネージャー→役割と機能の追加→サーバーの役割
ファイルサービス…→ファイルサービス…→ファイルサーバーを「有効」

ws2003_2012_file_00

Windows Server 移⾏ツールを「有効」

ws2003_2012_file_01

インストールを行います。

移⾏ツール作成(WS2012)

WS2003上で起動させる移行ツールを作成します。

コマンドプロンプトを起動させます。

cd C:¥Windows¥System32¥ServerMigrationTools
SmigDeploy.exe /package /architecture x86 /os WS03 /path [移⾏ツール出⼒先]

移⾏ツールをフォルダごと、移⾏元サーバー(WS2003)へ転送

移⾏元(WS2003)で移⾏ツールフォルダ直下にある「SmigDeploy.exe」をダブルクリック。
管理ツールに追加されます。

ツール実⾏の準備

WS2012側

  1. ポート7000番をTCO/UDP共に開放
  2. 転送用フォルダ(Publicなど)を作成し、プロパティ→セキュリティータブ→Everyouneを追加(フルコントロール)
  3. ルートデバイス(D:\、E:\など)の管理共有を停止。(競合するため)

WS2003側

  1. powershell2.0 とfreamework2.0以降をインストール
  2. ルートデバイス(D:\、E:\など)の管理共有を停止。(競合するため)
  3. ルートデバイス(D:\、E:\など)の管理共有を停止。(競合するため)

ユーザーとグループの移⾏

エクスポート(WS2003)

管理ツール→windows Server 移⾏ツールを実⾏

Export-SmigServerSetting -User All -Group -Path [移⾏データの格納先パス] -Verbose

パスワードを⼊⼒。このパスワードは移⾏先でも必要になるため、必ず控える。

緑⾊の枠が消えれば完了

インポート(WS2012)

上記で作成したファイルをローカルへコピー

管理ツール→windows Server 移⾏ツール起動

Import-SmigServerSetting -User All -Group -Path [移⾏データの格納先パス] -Verbose

パスワードを⼊⼒。

緑⾊の枠が消えれば完了

パスワード設定?、アカウント有効化(WS2012)

移行ツールで移行された状態では、アカウントは無効となっています。
バッチファイルを作成し、一括で有効化します。

それぞれのセキュリティーポリシーに沿ってここは作業を行ってください。

addusers をパスの通った場所(c:\windows\system32)などへ配置

コマンドプロンプトを起動し、ユーザー⼀覧ファイル作成

addusers /d c:\addusers.txt

エクセルでバッチファイル作成(アカウント有効化)

net user test1 /active yes
net user test1 passoword /add /logonpasswordchg:no

作成したバッチを実行し、アカウントを有効化します。

確認

コンピューターの管理→ローカルユーザーと進み、確認します。

ws2003_2012_file_02

データ移⾏

データ転送(WS2003)

管理ツール→windows Server 移⾏ツール起動

Send-SmigServerData -Include All -ComputerName [移⾏先のコンピューター名] -SourcePath [移⾏元の共有フォルダーのローカルパス] -DestinationPath [移⾏先の共有フォルダーのローカルパス] –Recurse -Force

パスワードを⼊⼒。このパスワードは移⾏先でも必要になるため、必ず控える。
これで接続待ち状態になります。

ws2003_2012_file_03

データ受信(WS2012)

管理ツール→windows Server 移⾏ツール起動

Receive-SmigServerData

パスワードを⼊⼒。
これで接続され、転送されます。

ws2003_2012_file_04

最終確認

  1. 共有のアクセステスト
  2. アクセス制御等の確認
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする