Windows標準の「tftp」とYAMAHA製「RT-Tftp Client」の違い

インフラ

YAMAHAルーターの設定を変更する必要があり、直接telnetでログインして一つずつConfigを触る方法でやっていたのですが、設定ファイルのバックアップを取得するのに「TFTP」を使っていました。

Windows標準の「tftp」とYAMAHAが提供しているフリーソフトの「RT-Tftp Client」について、違いをまとめます。これ以降「tftp」と記述しているのはWindows標準のtftpを指します。
用途によって、使い分けるのが良さそうです。

RT-Tftp Clientのダウンロード

ちなみに、テストしたYAMAHAルーターは「RTX810」「RTX830」「RTX1200」「RTX1210」です。

作業される際は、かならず設定のバックアップを取ってから行ってください。
またはテスト機などで、業務などに影響がないような状況で行ってください。

「tftp」と「RT-Tftp Client」のUIの違い

tftpはコマンドライン、RT-Tftp ClientはGUI

コマンドラインになれている方は、tftpを。バッチで処理する必要があればtftpを。

TFTP [-i] host [GET | PUT] source [destination]
TFTP 192.168.1.254 get config0/${password} c:\router.rtfg
TFTP 192.168.1.254 put c:\router.rtfg config0/${password}

の様に使います。
config0の部分は、環境によってはことなりますので、ルーターへtelnetやコンソールでログインし、「show config list」で現在有効な設定を確認してください。

GUIで直感的に分りやすいのは、RT-Tftp Clientです。

「tftp」と「RT-Tftp Client」の機能の違い

RT-Tftp Clientはファームウェアも更新できる

さすがはYAMAHA製。RT-Tftp Clientではルーターのファームウェアのリビジョンアップも可能です。

tftpは設定ごと丸替え、RT-Tftp Clientは追記も可

PUTした場合の違いです。

tftpは転送した設定ファイルがまるっと上書きされます。
RT-Tftp Clientは変えたい箇所のみを記述したファイルを転送すると、その箇所のみ上書きされます。

console prompt Router-test
save

IP AddressやPPの情報を設定済みのルーターに、上記のファイルを転送します。
tftpは上記の設定のみになり、もとから設定してあったIP Addressなどの情報は削除されます。
RT-Tftp Clientはconsole promptの値のみ上書きされ、設定してあるIP Addressの情報などは残ります。

tftpはメモリに保持、RT-Tftp Clientは即時反映

引き続き、PUTした場合の違いです。

tftpは転送した設定ファイルがメモリ上に保持され、即時では反映されません。
RT-Tftp Clientは転送が完了した段階で設定が反映されます。

console prompt Router-test
save

上記のファイルを転送すると、tftpは即時変更されず、RT-Tftp Clientは即時反映されます。
tftpでは反映させるために「restart」を行う必要があります。

RT-Tftp Clientは取得した設定ファイルにコメントがある

これ、いいです。読みやすいです。

RT-Tftp ClientでGETした設定ファイルには、コメントがあり、設定内容が分りやすいです。
tftpは「show config」で表示される内容がそのまま出力されるようなイメージです。

最後に

他にも気づいた点があれば、更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました